私のBORGセット紹介

2015.03.26 追記
ZD ED40-150mmの全玉抜き改造
(改造は自己責任でお願いします)
BORG80φ延長鏡筒100mmにZD ED40-150mmを組み込み、鏡筒の一部を開口してMF用のフォーカスリングが
使えるようにしてます。テストの結果150mmの位置にセットするのがAFの確率が良いようです。


BORG 1.4DGテレコンの鏡筒を先端から約10mmの位置で切断し、レンズのAFユニット先端に接着して
フォーカスレンズとして使いました。元のレンズは全部撤去したが絞り機構はそのまま残してます。
この改造レンズを焦点距離が510mmのBORG ED77Uにセットすると1.4倍の714mmとなり、
フォーサーズカメラでは1428mm相当となります。


2015.01.09 追記
ACクローズアップレンズNo.2を追加してみた。
ACクローズアップレンズのNo,3とNo.5は持っていたが、No.3では焦点距離が短縮し過ぎなので
新たに購入したNo.2を使ってみた。                                     
ドローチュウーブの後に着けてた80φL50o鏡筒を外し、ED 40-150mmのフィルターネジに58-52mmの
ステップダウンリングを介して52mmのNo.2を取り付け、前項のL135mm鏡筒に組み込んだED 40-150mmを
接続したので機械的には全長が50o短縮しました。                                  
光学的には約487o相当となりましたが未だ周辺減光が残ります。しかし、私の場合はOM-Dのデジタルテレコンを  
常時使うので約487X2X2で約1948mm相当、クローズアップレンズを外した場合は約2628ミリ相当です。   

NEW! 2015年1月2日
Olympus ED 40-150mm f/4.0-5.6 Zuiko Digitalを使ったAFユニットの実験




これまでZD-ED75-300mmをAFユニットに使ってましたが、AFの迷いが多く歩留まりが悪いので
今回、Olympus ED 40-150mm f/4.0-5.6 Zuiko Digitalを入手したので試してみました。

改造は前玉を外すだけの極簡単な作業で、内部の改造を伴いません。作業時間は約2時間!
1)先ず、前玉の外周にプラスチック製の薄いリング状のシールが貼り付けられてます。これを
リング外周の切り欠にスピックなど先のとがった器具を引っかけて剥がします。

2)リングが外れたら、フィルター取り付け用リングを止めるビス3本と前玉を止めるビス3本が
見えます。前玉を止めるビス3本を外すとレンズが外れます。(外したビスは後で使います)


3)延長鏡筒への取り付け
私のボーグシステムではヘリコイドを使わずにドロチューブの後に延長鏡筒φ80L50mmと
ZD-ED75-300mmをAFユニットとして使ってましたが、今回は延長鏡筒50mmの後へさらに
延長鏡筒135mmを足し、この鏡筒内に40-150mmレンズを組み込みました。
@取り付け方法は簡単です。レンズのズームリングの上に市販の養生テープ(25mm幅)を
外径が77mm(鏡筒内径)になるように巻き付けます。尚、この時にズームが最大の状態
150mmとして動かないようにビニールテープ等を巻いて固定しておきます。


A延長鏡筒135mmのカメラ側スリーブリングを取り外す。
(このリングは接着されてますが、金鋸の歯などで周囲の一部をカットすると外れます)


B延長鏡筒のスリーブリングを外した先端から20mmの位置で外周3か所(120°均等)に1.6oのネジ穴を開けます。


C@の作業で出来上がったレンズユニットを延長鏡筒に差し込み、外周3か所を先に外した
前玉を止めるビス3本を使って固定しますが、先に千枚通しなどで細い下穴を開けておくこと。

注意:最終的に鏡筒へのレンズの固定は養生テープではなくプラスチックや合板などを使って
動かないように固定します。私は12mmの合板で作った外径77mm内径65mmのリングに交換しました。
また、レンズ先端部鏡筒φ50には4mmの合板で外径77mm内径50mmのリングを2枚作り、それを半分に切断、
鏡筒を両側から挟む形にして、2枚のリングを180°交互に合わせて両面テープで接着固定しました。
前後2か所の固定により、光軸のズレが防げます。

完成したZD-ED40-150を使ったAFユニット


編集後記

前玉を外しただけで元のAF機構に手を加えない改造なので、問題点があります。
それは、周辺減光があることです。当然ですがデジタルテレコン使用時は問題ありません。
何より、ZD-ED75-300mmの場合に比べて合焦が早いことが大きな特徴です。
私がボーグを使う時は、かなり距離が有る場合でさらにデジタルテレコンを常用するので
全玉抜きをせずに暫くこのまま使ってみる予定です。尚、焦点距離はACクローズアップレンズNo.2を
使った場合は35ミリ換算の約487ミリ、クローズアップレン無しの場合は657ミリくらいです。

2015.03.23 追記
この改造レンズはAFは早いが画像に甘さがあり、現在は全玉抜き+1.4倍テレコンに改造してます。
しかし、AFの合焦率が悪くMFを併用して使用、またレンズの再組み立てが難しいのでお勧めできません。

注意: もし新たに購入される場合は、マイクロフォーサーズのM.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4.0-5.6 Rと
間違わないようにして下さい。マイクロでないフォーサーズのED 40-150mm f/4.0-5.6 Zuiko Digitalですよ。


過去の記事
Olympus ZD ED70-300レンズセミAF改造例
  Canon EF35-80mmF4-5.6USM改造例
BORG 71FL Canon AF System

元のページへ戻る


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー