Panasonic DMC-G2用(マイクロフォーサーズ) セミAFレンズユニット

画像をクリックすると大きい画像が見れます
画像をクリックすると大きい画像が見れます。

@1.4×テレコンバーターDG【7214】 A連結用φ80L25mm鏡筒【7025】  
B連結用アダプターリング【73002】 CオリンパスED70-300mmF4-5.6レンズ改
Dフォサーズ/マイクロフォーサーズ変換マウントアダプター「DMW-MA1」


オリンパスED70-300mmF4-5.6レンズの玉抜き改造について

このレンズの玉抜き改造については、輩方諸氏の改造方法がWeb上で閲覧できます。
私は「アクロマートAF」のページを参考にさせて頂きました。親切丁寧な解説に感謝しています。

 私は、AFレンズにBORG純正1.4×テレコンバーターDGを使いましたが、ED70-300mmは全長が長くて
焦点距離の関係上、鏡筒内にレンズを置く必要があります。 適正なレンズ位置を選べる様にズーム
機構を利用して連続的に約50mm変化させる方法を採りました。                 
 しかし、単にズーム鏡筒を出し入れしたのではズーム位置によってF値が変化するので、カメラへ
ズーム位置を知らせるエンコーダーの出力をテレ端のF4.0に固定する必要があります。      
ズーム・エンコーダー出力の固定方法
ズーム・エンコーダーの改造を行う場合は、必ず摺動コレクターを取り外してから行ないます。 その訳は、ズームリングを分解する時に摺動コレクターがズームリングに接触して破損するからです。 ズーム・エンコーダーの固定(1)                           @ズームリングのゴムリングを外すとセロテープで止めた銅箔が見えます。            Aこのセロテープを破らないように片方から剥がします。                   画像をクリックすると大きい画像が見れます 画像をクリックすると大きい画像が見れます。 ズーム・エンコーダーの固定(2)                           Bコレクターを固定する黒い小ネジを2本外し、コレクターを取り出します。           Cセロテープを元通りに張り付けてゴムリングを元へ戻します。                画像をクリックすると大きい画像が見れます 画像をクリックすると大きい画像が見れます。 ズーム・エンコーダーの加工                              @レンズの玉抜きを行なった時の要領でレンズを分解し、ズームリングを取り外します。      Aズームリングを外すとエンコーダのプリントパターンが見えます。               B細いジャンパー線を画像のようにハンダ付けして短絡します。Dのラインは必ず絶縁する事。  画像をクリックすると大きい画像が見れます 画像をクリックすると大きい画像が見れます。  以上の改造にてどのズーム位置にあってもカメラにF4.0の情報が伝わります。         何故こんな改造をしたかを述べますと、AFレンズの位置によって解像度が大きく変わるとの事 なので、それを試すために連続的にレンズ位置を変えれる様にしました。            私には難しい光学的な計算が出来ないので、実際に連続的にレンズ位置を変化させて解像度が どの様に変化するかをテストしました。私の結果では前後に数十ミリ移動しても解像度に大きな 違いが無いようなので一番解像度が良いと思える位置を選んで使っています。         レンズ位置について興味のある方は是非試して下さい。尚、改造は自己責任でお願いします。 


絞りユニットを残す
私は絞りユニットを取り外さずに残してますが、かなり絞らない限りケラレや周辺減光がありません。
画像をクリックすると大きい画像が見れます 画像をクリックすると大きい画像が見れます。
絞りユニットから前後のレンズを取り外す
 @絞りユニットの前後にはレンズ鏡筒が連結されていますが、A後側レンズは絞りユニットと一体 成型なので絞りユニット側から約7ミリの位置(径が膨らむ部分の下側)で切断します。次に切断し た後の内径をヤスリやペーパーを使って出来るだけ大きく広げます。(ケラレ対策)         B前側のレンズは枠ごと絞りユニットから簡単に外れます。このレンズ枠は絞りユニットを固定す るのに必要なので、枠からレンズを取り去り(レンズを破壊するのが一番簡単)、元の絞りユニット へ戻します。後は元の内筒に固定し、フレキシブル配線をソケットへ接続すればOKです。     


1.4×テレコンバーターDG【7214】をAFレンズとしての取り付け方
 スライド式のテレコンユニットからレンズ鏡筒を取り出し、鏡筒を反対向きに取り付ける為に レンズ前後の向きを入れ替えておきます。レンズは2枚1組なので前後の順番を間違えないように 注意して下さい。                                     ED70-300mmのフィルターネジ58mmにステップダウンリング58mm→37mmとステップアップリング 37mm→43mmを使ってテレコン鏡筒を取り付けます。                      37mm→43mmステップアップリングの内径がテレコン鏡筒の外径とほぼ同径で、ここにテレコン 鏡筒を差し込んで接着固定してます。                            (尚、私は手持ちの関係で58mm→52mmと52mm→37mmを連結して使用してます)       
画像をクリックすると大きい画像が見れます
画像をクリックすると大きい画像が見れます。


私の現用、Panasonic DMC-G2用ユニットの概要を説明しましたが参考になれば幸いです。
元のページへ戻る
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー